勘違い系おすすめなろう小説+α~絶対外れのない傑作11選

なろう
saralcassidy / Pixabay

なろうで読んでるとやはり、ランキングでよく見るものは流行ジャンルばかりになって、さすがにもうそのジャンル自体見るのがきついという状態になっていませんか?

 

そんな方には、勘違い系がおすすめです。

 

勘違い系は起きた事件について、主人公を含め、周りが勘違いすることで、カオスな状況を広がっていくというものです。

 

上記の趣旨故に、読者にも登場人物にも(もしかしたら作者にも)わからない展開がハラハラドキドキを提供してくれます

 

勘違いを演出するために視点の変化も多く、各々のキャラクターのものの見方なども見れます。

 

自分も実際に二連続で勘違い系を図らずも読んでしまったときがありましたが、やっぱり作者作者の特徴が光って、同じようなものを読んでいるという感覚がありませんでした

 

今からそんな飽きの来ない勘違い系を自分の偏見で選んだ11つ紹介したいと思います。

 

魔王様リトライ!

 

まず初めに紹介するのは現在絶賛放送中である『魔王様リトライ!』こと『まおリト』です。

 

アニメでは津田健が主人公役をやっていることで有名ですよね

 

やはり内容はアニメ化されることもあり、非常に面白いです。

 

全体を通してはギャグ調で進められていき、テンポがよく、なにいっとんねんと思うともう話が終わっています

 

魔王様の常識と周りの聖女や部下に常識の相違によって引き起こされる勘違いは、魔王様本人が考えているスケールをはるかに上回り、国に大きな騒乱を起こすことになるのが、なんとも面白いです。

 

面白いと同時に、勘違いの事柄がほぼほぼ国の中枢を揺るがすようなことなので、見てるこっちがはらはらしてきますが(笑)

小説を読む

 

嘆きの亡霊は引退したい~最弱ハンターは英雄の夢を見る~

 

2つ目は書籍化、漫画化され、現在なろうで連載されている『嘆きの亡霊は引退したい』こと、『ストグリ』です。

 

煽りスキルEXの不幸体質主人公と共に行動する有能すぎる仲間たちの掛け合いが面白いです

 

主人公自体の実力はタイトル通り、最弱なのですが、彼の有能な仲間や、宝具(魔道具みたいなもの)、肩書などによって勘違いする様は秀逸。

 

読みながら仲間サイドに、「いや、そんなこと考えないぞ、そいつ」と突っ込みたくなってきます。

小説を読む

 

無欲の聖女は金にときめく

 

3つ目は書籍化、漫画化され、完結した『無欲の聖女は金にときめく』こと『無欲の聖女』です。

 

この作品はTS(性転換)要素もあり、さらにイケメン盛沢山という、男女にとてもうれしい作品です。

 

自分もニコニコしながら、かわいいなあ思いながら、でもこいつ男なんだよなと考えてました

 

勘違いの方では、主人公が守銭奴的な行動を起こすごとに、周りが聖女扱いするというものです。

 

周りの人間にも利益を恵んでいるのに、主人公に好意を向けるイケメンたちがめちゃくちゃ不憫に感じます。

 

主人公が金儲けのやり方を見ているといろいろと勉強になることもあり、読後に地味に頭よくなったような感覚に襲われます。

 

小説を読む

 

影の実力者になりたくて

 

4つ目は上記と同じ様に書籍化、漫画化されているもので、自分が見た限りではいつもランキング上位にあった『影の実力者になりたくて』です。

 

主人公は頭の残念な超努力家で、卓越した技能持っていて、適当に言った発言がなぜか予言のような感じで実現します。

 

そのスペックの高さゆえに、特に考えて行動してないのに周囲の部下たちはこぞって、主人公の先の先を考えた行動だとかいろいろと誤解します。

 

さらに主人公が学院に居る時にモブになりきるのですが、その力の入れぶりが面白いです

 

モブ仲間たちもガチクズが多くて、様子の描写だけで笑えてくるほどです。

 

小説を読む

 

オーク英雄物語~忖度列伝~

 

5つ目は、なろうのレジェンドこと理不尽な孫の手先生が連載されている『オーク英雄列伝』です。

 

ヤ〇チンしかいないオークの英雄だというのに童貞である主人公が、脱童貞のために他の国に滞在し、英雄の肩書とオークの習性ゆえに勘違いされるというものです。

 

代表作の『無職転生』でもそうでしたが、やはり戦闘描写がとてもうまく、主人公のカッコよさが引き立ちます。

 

主人公が不純な理由で戦っているのはわかるのに、なぜかかっこいいんですよね

 

小説を読む

 

『無職転生』が気になるという方はこちらで紹介しているのでこちらもどうぞ

おすすめハイファンなろう小説5選! 異世界転生、現地主人公!
小説で一番読みたいもの、一番人気なものはハイファンタジー。 古来からこの系譜は変わりません。 やはり今ここでないところでの生活を追体験するのは堪りませんよね。 僕もその感覚は凄い好きです。 ...

田中のアトリエ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

 

6つ目は書籍化され、漫画化された『田中のアトリエ』です。

 

勘違い系では、双方向での勘違いで、話のこじれ具合が面白いです

 

主人公が自分の性癖に正直で、それへのまっすぐ行動を行う様がなんかすごいシンパシーを感じます。

 

他の勘違い系は大概はプラス方向への勘違い(主人公の予想より好印象)が多いんですが、この作品ではマイナス方向への勘違いもあるので、モブの動きが予想しづらく、そこがとても面白いです

 

小説を読む

 

謙虚、堅実をモットーに生きております!

 

7つ目は総合ランキング上位に位置していながらも、書籍化をしていない『謙虚、堅実をモットーに生きております!』です。

 

作者さんの意思で書籍化をしていないと思うのですが、既読者としてはやはり書籍化してほしいなあという気持ちがあります。

 

俗にいう悪役令嬢系ですが、胸糞展開は少ないです。

 

この作品の勘違いは、主にお嬢様な見た目から起因するものが多く、なにもしていないのに高飛車そうだとか、繊細なんじゃないかという先入観系の勘違いが多いです。

 

主人公は面倒見がいい性格なのに、お嬢様ルックのせいで、一部の付き合いのいい生徒しかそれを知らないのが、苦労性な感じで好感が持てます

 

見た目はジャ〇アンなのに、普通に良いヤツみたいな感じですね。

 

小説を読む

 

夜伽の国の月光姫

 

8つ目は書籍化され、現在も連載中の『夜伽の国の月光姫』です。

 

主人公が不憫な環境にあることと、自由にやりたい放題すごすことによって、誤解が生じていく作品です。

 

主人公の中身はおっさんなんですが、行動や仕草が地味にかわいいのが、何とも言えません

 

自分は読んでいる途中に、美少女がおっさんなのか、おっさんが美少女なのかだんだんと分からなくなってきました。

 

主人公サイドで垣間見えるおっさん臭さにシンパシーを覚えるとともに、皇子視点から見える超絶美少女に昇華された主人公を見て、ギャップに笑いがこみ上げきます

 

小説を読む

 

オーバーロード

 

9つ目はアニメ化もされ、海外でも大人気な『オーバーロード』です。

 

めちゃくちゃ強い主人公が、自分をあまり強くないと思っている様が、鬼畜ぷりに拍車をかけています。

 

当初は恐ろしい見た目から、なんか悪そうな感じがするという感じでの勘違いが多いです。

 

あの外見、マジでいったらかなり怖いですからね。

 

小説を読む

 

底辺領主の勘違い英雄譚 ~平民に優しくしてたら、いつの間にか国と戦争になっていた件~

 

10つ目は、現在なろうで連載中である『底辺領主の勘違い英雄譚』です。

 

この作品の勘違いは、頭の空っぽな無表情系主人公が考えなしで行動することで、周囲の貴族にはケンカを売っている、奴隷たちや差別されている人間たちには国に反逆を起こしているように見えるというものです。

 

とにかくリズムが良く、あっという間に読破しちゃいます。

 

主人公のめちゃくちゃなら、主人公の周りもめちゃくちゃで誰一人ストッパーが居ないところが、「やべえよ、やべえよ」となりますが、なんだかんだで心地いいです

 

小説を読む

 

戦闘城塞マスラオ

 

11つ目はWEB小説ではなく、ライトノベルの『戦闘城塞マスラオ』。

 

最後だけ毛色が違っていますが、どうしても紹介したかったので紹介しました。

 

この作品は、主人公のひどく柄の悪い容姿と、たまに見せるトンチンカンな発言から周りの人間が勘違いするタイプです。

 

自分が初めて読んだ勘違い系です。

 

当時のラノベでは、俺TUEEEEEが流行ってたので、かなり衝撃を受けました

 

主人公が覚醒せず、戦闘能力ゼロのまま、強敵を打倒する。

 

あの頃のラノベではありえない話でした。

 

大概主人公の圧倒的強さ+仲間パワーで何とかするのに、はったりと勘違いで何とかするなんて予想するなんて無理ですよ。

 

圧倒的な強さ+仲間パワーをやるていうのに、なんでそんなことを考え着くのが肌肌疑問でした。

 

ちょくちょく自分でもラノベもどきを書くようになった今でもどうしてそんなことを思いつくのか謎です。

 

このことからもなんとなく作者が切れ者であることは理解できると思われますが、作品の内容も素晴らしいものです。

 

ニートの主人公が成長していく様はなんとも言えない気持ちにさせられます。

 

終わりに

 

自分の厳選した勘違い系をたくさん乗せさせていただきました。

 

若干ギャグよりな気もしますが、勘違い系はギャグとの整合性が著しく高いのでしょうがないですね。

 

皆さんもこれを機に勘違い系に目を向けて頂いて、新たに勘違い系を発掘するもしくは、自ら書いてみるというのはいかがでしょうか。

 

きっと損のない体験になると思います。

 

それでは、また。

 

他のなろうも読みたいという方はこちもどうぞ

追放系おすすめなろう5選! 激戦区で輝きを放つ猛者たち!
追放系は今なろうで一番ホットなジャンルです。 なろうでは今日も大量の追放系が生まれ、更新され続けています。 そんな星の数のようにたくさんある追放系ですが、そのなかでも僕が特別おもしろいと思ったものについて今から紹...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

タイトルとURLをコピーしました