小説投稿サイト選び方~まずは新しいサイトから投稿してみよう

なろう
qimono / Pixabay

ネットに小説を投稿するときにまず最初に迷うのはどの投稿サイトに投稿するかということだろうと思います。

 

僕の場合も結構悩みました。

 

当時は僕の中ではなろうとカクヨムが小説投稿サイトのすべてだったので、二択だけだったのですがそれでも結構悩みました。

 

なろうは人気で、書籍化したものがいっぱいだし、カクヨムは憧れのラノベ作家かコンテスト開いてるしみたいな感じで、なんだかんだでどっちも片方に無い魅力があってどっちかを捨てると考えると当時の僕にはなかなか決断できなかったんです。

 

この記事を見ているということは皆さんもおそらく当時の僕のような状態ではないでしょうか。

 

もしそうであれば、新しいということを基準に投稿サイトを選ぶ選び方を提案したいと思います

 

なぜ新しい小説サイトに投稿するのがいいのか?

qimono / Pixabay

なんで小説サイトを新しいという基準で選ぶかというと、新しい方がシステムが充実している上、他の作家さんの意見や読者からの反応を貰える機会が多いからです

 

前者のシステムの充実というのはやっぱり新しいサイトも営利企業なわけでこれまでの小説投稿サイトで役に立った機能をちゃんと研究して作っている故。

 

後者の意見が聞けるのはまだ作品の絶対数が少なく、他の作品に埋もれることがないのでよくいろいろな人が読んで感想を頂けるが故です。

 

新しいサイトは古いサイトの上位互換と言っても過言ではありません。

 

新しいサイトの唯一の弱点としてはPV数が少ないというのがありますが、これらのメリットがあるので帳尻はとれていると思います。

 

まとめ

 

今回は小説投稿サイトの選び方の基準となる物差しについて紹介させていただきました。

 

もしこれで新しいサイトに小説を投稿したという方がおられたら幸いです。

 

では、また。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました