小説家になろうは他の小説投稿サイトと一体どこが違うのか?

StockSnap / Pixabay

小説家になろうを使いたいけど、いまいち機能がわからず、本当にそれでいいのか迷ったり、他の小説サイトとの違いを単純に知りたいという方も多いのではないでしょうか?

小説投稿する前てどこのサイトにするか凄く迷いますよね。

そこでいままで、いろいろな小説投稿サイトで実際に投稿してきた自分が小説家になろうと他のサイトとどこが違うのかを紹介したいと思います。

アクセス解析機能「KASANAGI」

TeroVesalainen / Pixabay

まずご紹介するなろうと他のサイトの違う点は独自のアクセス解析機能を持っているか持っていないかです。

他の小説サイトでは独自のアクセス解析機能を持っておらず、大概自分でグーグルアナリスティクを手間が発生しますが、小説家なろうでは独自のアクセス解析機能「KASANAGI」が存在するのでその手間が不要です。

「KASANAGI」は小説投稿ページのアクセス解析をクリックすれば、簡易な分かりやすいグラフ即座に表示されることで、その瞬間までの一日のPVがわかるようになっており、とても優秀です。

グーグルアナリスティクも、もちろん大手のグーグルが運営していることもあり、かなり細かくアクセスを計測してくれるのですが、細かすぎてゴチャゴチャとしている感があります。

なので、グーグルアナリスティクを使いこなしていない人には、KASANAGIの方がわかりやすく操作もしやすいのではないかと感じます。

文章・ストーリー五段階の評価スタイル

geralt / Pixabay

評価スタイルでは他のサイトでは作品全体や各話をポイント制のものが多いです。

ですがなろうでは文章とストーリーを分けて、より細かく評価できるスタイルになっています。

他のサイトでは評価が悪いけど文章とストーリーどっちが悪いのだろうと考える必要がありますが、なろうでは文章が悪ければ文章、ストーリーが悪ければストーリーと言った感じで結構ストレートに評価されるので、そういったところで迷う必要がありません。

ストーリーが悪いと評価されれば、他の作品でシナリオ勉強。

文章が悪ければ自分が文章が上手いと思う作家さんの文章を模写して勉強。

と言った感じで分析が早く終われるので、すぐにつぎの行動に移りやすいです。

画像投稿サイト『みてみん』

KELLEPICS / Pixabay

なろうには系列で画像投稿サイトの『みてみん』が存在し、なろうの作品に画像を載せる場合は一度『みえみん』で投稿してから、なろうで貼るという手順を辿らなければなりません。

他のサイトではすぐにそのまま貼れるので手間のように感じるかもしれませんが、『みてみん』もまた評価サイトの側面があるので、なろうにも掲載出来て、「みてみん」でも評価されるので一石二鳥といった感じが強い感じがします。

小説も書かれて、更に絵も描かれる方で在ればとても理想的なスタイルであるのではないかと考えます。

まとめ

なろうはアクセス、評価、イラスト投稿機能に優れたところが多いです。やはりWEB小説サイトの代名詞と言っても過言ではないので、小説投稿機能は充実していますね。自分もこの機能たちにはかなりお世話になってきました。特にアクセス解析は日に何度見たことかと思うくらいです。

以上の点を考慮するとなろうはアクセス解析に慣れていない方や、シビアな評価が欲しい人、イラスト制作にも関心がある方にお勧めだと思います。

まず普通の人はアクセス解析なんてしたことはないと思うので、アクセス解析ならば初心者の人全員に該当するかもしれませんし、シビアな評価が欲しい人なんて大概の人はそうですよね。

抜け目がありそうで、抜け目がないのがなろうの恐ろしいところです。

 

なろうの他にも投稿サイトが知りたいという方はこちらもどうぞ

Web小説を書くなら、どこがおすすめか?【2019年7月】
小説を読んでいるものなら書きたいと思うのは当たり前のこと。 実際、自分もライトノベルをむさぼり読んでいたら、いつの間にかWEB小説を書いていました。 ここではそんな自分がWEB小説を掲載した投稿サイトを紹介し、どういう特徴とどん...

 

 

コメント

  1. […] 小説家になろうは他の小説投稿サイトと一体どこが違うのか? 小説家にな… […]

タイトルとURLをコピーしました