七つの大罪 神々の逆鱗 感想 4話 リュドシエル様お苦戦になる

アニメ

七つの大罪 神々の逆鱗

4話「〈十戒〉VS〈四大天使〉

ネタバレ・ストーリーライン

Aパート「リュドシエル様お出撃に」

魔神族の前に現れた二人の四大天使、サリエルとタルシエルは魔神族を瞬殺するという旨の言葉を言うと大技を繰り出し、十戒以外の魔神族を一掃。

サリエルとタルシエルが余裕の表情で「二人しか残らなかったようだな」と言うと死角に居た十戒の三人から奇襲を受ける。

 

サリエルはモンスピードに反撃を掛け、タルシエルは余裕の態度でデリエリとガランの攻撃を受け続け再生する。

 

フラウドリンはモンスピードの加勢に入るがあえなく瞬殺され、結局モンスピードとサリエルの戦いとなる。

 

リュドシエルは自分も出撃する旨のことをネロバスタに告げると現場に飛んでいく。

するとその後にゴーセルがきて、ネロバスタに催眠を掛けながら情報を引き出すとともに門を開けさせる。

 

Bパート「インデュラ化」

 

モンスピードたちは連携してサリエルとタルシエルに手傷を負わせるとちょうどそこにリュドシエルが現れる。

リュドシエルはモンスピードたちをすぐに圧倒して、隔絶した力を見せる。

するとモンスピードとデリエリは覚悟を決めて、周りの十戒に離れるように言う。

それからインデュラ化したモンスピードとデリエリは、理性喪失と化け物になるというデメリットを負いながらもパワーアップ。

そんな二人にリュドシエルは渾身の一撃を放つもまったく聞かず、苛立つ。

サリエルとタルシエルにも加勢するように促す。

だが二人は瞬殺され、再度リュドシエルとモンスピードとデリエリの戦闘が始まる。

 

メリオダスたちは移動の途中でエリザベスを発見し、彼女を助けるためにやけどをしつつも結界を壊しその場から動けるようにする。

するとエリザベスが目を覚まして、リュドシエルとモンスピードたちが対峙する狭間に飛んでいく。

感想

凄い激しい戦闘が見れました。

魔神族劣勢なんじゃと思ってたら全然四大天使と戦えてたので良い感じに盛り上がりました。

あの二人インデュラ化したのにどうやって元に戻すのかが気になります。

禁じられた力系列のだいたいはヒロインの必死の制動によってどうにかなる系が多いですが、モンスピードたち別にヒロインいませんから。

おすすめ視聴方法

最近のアニメなら一か月無料のU-NEXTかdアニメストア
で見るのがおすすめです。

U-NEXTは地味に漫画・ラノベが読めるので他の奴よりも便利で、dアニメストアはアニメ作品視聴のサービスが良くなるという利点があり。

他の一か月無料VODより両方いい感じです。



 

2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました