ドクターストーン 12話 感想 超危険な硫酸と銀狼の勇気

アニメ

ドクターストーン

12話「背中合わせの仲間たち

ネタバレ・ストーリーライン

Aパート「硫黄泉へGO」

銀狼は特訓中に千空たちが銀の槍を作るのを見ながら、金の槍を持ってない金狼にあからさまに自慢する。

するとコハクに注意されるとともにボコボコに。

一方、銀槍の制作中のクロムは何で先に銀の槍だけ作るのかと千空に尋ねると、千空はこれから必要になるからと答える。

そのあと千空が銀槍を銀狼に渡すと、彼を護衛をやるように申し込む。

銀狼は乗り気で請け負う。

だが温泉地帯に辿り着くと、銀槍がこれからセンサーの役割を果たし、変色したときに逃げないと即死することを千空に説明されるとビビりながら、先を目指していく。

しばらくすると嫌にきれいな青色の泉を発見し、銀狼はその光景に見とれて泉の中に入ろうとして周りの人間に止められる。

それから千空が泉の正体は硫酸だと告げ、それが取れなきゃサルファ剤と今後研究もどうにもならないと言う。

千空は硫酸のガスに対応するのは化学しかないと言って、ガスマスクを作ると宣言し、カセキに制作を依頼。

千空のマスクが作られてから、カセキにクロムが自分のマスクを作ってもらおうとするが千空が待ったをかける。

夜ガスマスクのことについてクロムが千空に問い詰めると「二人とも言って失敗したら、ルリを救える人間が消える」から村に留まれと言う。

それからクロムに自分の科学知識を継承させるというと、クロムはそれを拒否。

仲間gが死んでも大丈夫など嫌だといって、仲間なら言うことが違うだろとクロムは言う。

千空はそれに答えて、作るマスクが一つ増えたと言って二人は腕を組む。

Bパート「勇気を見せる銀狼」

後日、ガスマスクを完成させると二人は完全にビビッていつ銀狼を置いて、硫酸の泉に向かう。

一方銀狼は硫酸採取に向かわなかったことを後悔しており、カセキの後押しで硫黄泉に向かう。

銀狼が硫黄泉に着くとちょうどクロムが足を滑らせ硫酸泉に落ちそうになっているところを発見。

槍を伸ばして銀狼はクロムを助ける。

千空の助言によって銀狼は息を整え、クロム救出と硫酸採取を無事達成する。

感想

銀狼が勇気を出して、千空たちの元に向かうのは良い展開でした。

臆病だけど仲間のためにむちゃできる奴て、普段はダメだけど憎めないですね。

銀狼が来週元通りの銀狼になっているのか、できる系なってるのか少し気になります。

おすすめ視聴方法

最近のアニメなら一か月無料のこいつかアマゾンプライムで見るのがおすすめです。

地味に漫画・ラノベが読めるので他の奴よりも便利で、アマゾンプライムはアマゾンショッピングでのサービスが良くなるという利点があり。

他の一か月無料VODより両方いい感じです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました