ドクターストーン 11話 感想 ド近眼ロリとガチムチジジイ職人

アニメ

ドクターストーン

11話「CLEAR WORLD

ネタバレ・ストーリーライン

Aパート「スイカちゃんの見える世界が綺麗に」

 

コハクと金狼、銀狼が修行をするとなりで千空はクロムにガラスを作ろうかと話かける。

それからその理由としては土器は不便だということを説明し、ガラスは科学の原点と付けくわえ、千空はクロムの説得にかかる。

その後、気まぐれに千空がスイカの被り物を脱がすと中から可愛らしい顔が現れ、近くにいたコハクをメロメロにする。

だがしばらくするとスイカの顔がよぼよぼになり、クロムとコハクは眼球が飛び出るほど驚く。

いきなり老け顔になった事情をスイカに聞くとボヤボヤ病で目が見えにくいと説明。

千空はそれが近眼のせいだと症状から見抜き、スイカに病気じゃないと誤解を解き、千空の生きた時代ではありふれたことでメガネでキレイな世界が見えると伝える。

 

それを聞いたスイカは「一度でいいから綺麗な世界を見てみたい」と千空たちに願いを伝える。

 

千空たちは山で材料を集めてガラスを作る。

それからガラスを磨く道具を作成し、スイカの視力にあったレンズを作成。

スイカはレンズを通して見るきれいな世界に涙し、きれいになった視界を再びボヤボヤにする。

Bパート「ジジイのマッスルから迸る職人魂」

千空たちはその後、ガラスを膨らませてフラスコづくりにとりかかるが、全然うまくいかない。

千空が文句を言うとクロムはこれが出来そうなじいさん――カセキのことを思い浮かべる。

早速クロムはカセキを縄でミノムシにして連れてくる。

千空はカセキにガラスの作成を頼むが、縄で縛る変態プレイをしておいてそれはないと突っぱねられる。

千空はそんなカセキに見せつけるようにガラスづくりの様子を見せつけるとカセキは縄を弾き飛ばし、ガラスを作成しだす。

カセキは作ったガラスはちゃんと形が整ており、素晴らしい代物。

しばらくして千空たちは小屋にカセキの作ったガラス器具を置き、科学研究室を設立。

研究室を見て千空は石化前に存在した自分の研究室のことを思い出すと、自分たちの行ったことを振り返り、サルファ剤を作る決心を再び固める。

金狼と銀狼は新しい槍が欲しいという欲もあり、千空たちの手伝いを進言。

すると報酬としてはまず銀狼の槍から手渡すことになることを説明し、危険度マックスのエリアでの仕事を銀狼に言い渡し、銀狼は怯えた顔をする。

感想

スイカちゃんかわいい。

彼女の純粋さがくたびれたおっさんの心を癒しました。

最近はロリババアばっかで見た目はロリのくせにさば着いた性格の奴が多いのでセラピーの効果がひとしおです。

来週のスイカセラピーに期待したいと思います。

 

 

おすすめ視聴方法

最近のアニメなら一か月無料のこいつかアマゾンプライムで見るのがおすすめです。

地味に漫画・ラノベが読めるので他の奴よりも便利で、アマゾンプライムはアマゾンショッピングでのサービスが良くなるという利点があり。

他の一か月無料VODより両方いい感じです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました