シンフォギアXV 12話 感想 ノーブルレッド退場からの絶唱

アニメ
©Project シンフォギアXV

戦姫絶唱シンフォギアXV

12話「戦姫絶唱」

ネタバレ・ストーリーライン

Aパート「キャロルを圧倒するシェムハさん」

©Project シンフォギアXV

エルフナインは錬金術とシャトーの力を利用して神を分解することを本部で説明すると、シェムハの元に向かう。

シェムハと対峙するとキャロルがエルフナインの体の主導権を握り、変身。

キャロルはシェムハに対して糸玉を飛ばして牽制すると、ユグドラシルに向けて飛んでいく。

追いついてシェムハが攻撃でキャロルを打ち落とし、追撃をかけようとすると、糸に拘束される。

それで作った隙で、キャロルとエルフナインの思い出を代償にした錬金術を用いてシェムハを分解をかける。

©Project シンフォギアXV

だがシェムハは変身するとそれを弾き飛ばし、ユグドラシルを活性化させ、地球上に出現させる。

©Project シンフォギアXV

一方、響宅では響の父が響の母と祖母の元に訪れる。

Bパート「ノーブルレッド退場」

響は真っ赤な地球を指さして、「これが正しいことなんですか」とヴァネッサに問う。

©Project シンフォギアXV

ヴァネッサはエルザに下がっていなさいと言うと響とクリスの前で機械の義手を体に取り付ける。

ヴァネッサは「戻ることは出来ない、進み続けるしかない」と言って、響、クリスペアと戦いを始める

©Project シンフォギアXV

ヴァネッサの太ビームとミラアルクの顔面張り付きがあり、追い込まれるが、アマルガムを装備した後、響とクリスは逆転。

©Project シンフォギアXV

©Project シンフォギアXV

そこまで行くと戦いの余波を聞いた他のシンフォギアの面々が集まって来る。

すると戦いの最中に遺跡の壁が崩壊して、宇宙空間にヴァネッサが吸い込まれそうになる。

クリスは必殺技を繰り出して、ヴァネッサを救出。

それから、クリスは帰る場所があるとヴァネッサたちを説得する。

ヴァネッサたちがお互いに涙ぐんでいると、ヴァネッサがシェムハに操られ始める。

まだ理性が残っているヴァネッサは響に自分に止めを刺すように懇願。

©Project シンフォギアXV

ヴァネッサの手を経由してシェムハが遺跡のコントロールパネルにハッキングをかけるとともに、響はヴァネッサにとどめの一撃を入れる。

ヴァネッサを止めることには成功したが、シェムハにバラルの呪詛を解除される結果となり、そのあと遺跡がシェムハによって爆破され始める。

宇宙に放りだされる間一髪のところでヴァネッサたちが月から地球までつなぐ、ダイタロスエンドを発生させ助かる。

ダイタロスエンドを発動させた反動でヴァネッサたちが光になって消えてしまうと、響たちは大気圏に突入しつつ、絶唱を始める。

地球に着陸するとエクスドライブ状態でシェムハと向かい合う。

感想

最後の響のあの表情。

あれは絶対勝つときの奴ですね。

シェムハ不死身だからどうやって倒すのかが気になります。

おすすめ視聴方法

最近のアニメなら一か月無料のこいつかアマゾンプライムで見るのがおすすめです。

地味に漫画・ラノベが読めるので他の奴よりも便利で、アマゾンプライムはアマゾンショッピングでのサービスが良くなるという利点があり。

他の一か月無料VODより両方いい感じです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました