シンフォギアXV 10話 感想 ノーブルレッド復活からの月面

アニメ
©Project シンフォギアXV

戦姫絶唱シンフォギアXV

10話「卑しき錆色に非ず」

ネタバレ・ストーリーライン

Aパート「翼さん、再起」

©Project シンフォギアXV

シャムハとユグドラシルが地上に出てくる様子を見た訃堂は護国の願いは潰えたと脱力。

するとシャムハが道具風情とか言って、その場に居た司令たちに向けてビーム。

パンクなし変身の後、すぐにバリアを展開してマリアがそれをガード。

だがシャムハはビームを放ち続け、そのビームが通ったあとが銀色に染まるのを見てマリアは物質転換が起こっているのを察する。

マリアがアガートラムでシャムハを拘束すると、「エンキの左腕か」とシャムハは興味を示す。

©Project シンフォギアXV

しばらく拘束しているとヴァネッサが現れ、マリアに三方向からの腹パン。

©Project シンフォギアXV

マリアは司令たちが退却したことを理解して、これ以上留まる意味がないとを悟りその場から離脱し、シャムハはユグドラシルがある限り、この世かあら逃げ場はないと意味深なことを言って見逃す。

後日、取り調べによる拘束を解かれた翼は司令たちに八紘の葬儀までに拘束解除が間に合わなかったことについて謝られ、合わす顔が無いと言ったのは自分だといって謝る必要はないと言う。

するとそこに響とシンフォギアの面々が現れ、響がまた一緒に戦ってくださいと翼に頼む。

翼と響は手を握り合うと、マリアが「おかえり翼」と言い、他の面子も祝福の言葉を述べる。

©Project シンフォギアXV

一方のヴァネッサたちはシャムハによって、身体を完全な怪物に完成させられたことに凄まじい精神的ダメージを受ける。

それからシャムハがこの世のすべての人間を怪物にするという計画を告げると神が言うのならということでヴァネッサが協力することを決め、エルザもミラアルクもそれに従う。

©Project シンフォギアXV

後日、響たちはユグドラシルと反応している月面基地を調査する月面調査用ロケットの護衛で種子島にいくことを告げられクリスが種子島と驚いた顔で復唱。

Bパート「パワーアップノーブルレッドと月面へGO」

ロケット護衛任務当日、切歌と調が「月面に行けると思ってわくわくした」となごやかに話しているとそこにアルカノイズが現れ、戦うことになる。

©Project シンフォギアXV

©Project シンフォギアXV

しばらくするとエルザが切歌と調の前に現れ、パワーアップしたエルザに二人は圧倒され、護衛対象のロケットを破壊される。

一方、響とクリスの方にヴァネッサ、翼とマリアの方にミラアルクが現れ混戦状態に。

©Project シンフォギアXV

ヴァネッサと戦闘中に響が話合いをしようとするがヴァネッサは怪物と人は分かり合えないと言って、響のウエストを巻き尺で拘束するとミサイルを一斉発射。

ところ変わって切歌と調の方ではロボ狼に変身したエルザに翻弄されていた。

だが途中でアマルガム状態になり、デュエットを行うと、逆転。

地面でへばるエルザの元にヴァネッサたちが現れると、ノーブルレッドの面子は黄色い宝石を使って退却しようとし始める。

だがそこに翼が割って入り、他のシンフォギアの面子もそれに習う。

宝石が地に落ちたと思うと、周囲が光り響たちは気づくと窓から地球が見える建物の中に。

感想

後半に入るごとに流石に、戦闘に力が入って来てるのが、個人的にうれしい。

エルザの虎ばさみから進化して、狼ロボ使えるようになってたから、他の2人も相応になにかしら使えるようになってあるはずなので、パワーアップしたノーブルレッドの新しい技を見てみたいです

おすすめ視聴方法

最近のアニメなら一か月無料のこいつかアマゾンプライムで見るのがおすすめです。

地味に漫画・ラノベが読めるので他の奴よりも便利で、アマゾンプライムはアマゾンショッピングでのサービスが良くなるという利点があり。

他の一か月無料VODより両方いい感じです。



コメント

タイトルとURLをコピーしました